DAYS&NEWS

歯のこと

2015. 07. 14

顎関節症

口が開かない、

口を開けると、カクっと音がする、

口を開けると、片方へ顎が誘導される、

顎がダルい感じがする、

これらは、顎関節症の症状です。

どうして、顎関節症になるのか、

一番多い原因は、はぎしり、くいしばりなんです。

実は、噛む力って、人間の体重とほぼ同じぐらいであると言われています。

思いっきり、力を入れて噛むと、60キロ程度の力が顎全体にかかっているわけです。

寝ている時に歯ぎしりをしていたり、食いしばっている場合は、

一晩、それぐらいの力の負荷をかけているわけです。

スポーツでも、運動のしすぎで、筋肉痛になり、関節を痛めることがありますよね、

確かに、顎関節症は、これだけが原因ではありませんが。

少し、気をつけてみてください。




◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇
神戸駅、高速神戸駅、ハーバーランド駅より徒歩5分
帰ってきたなって、心に灯りがともるような、そんなあったかい神戸の歯科医院
◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

Menu