DAYS&NEWS

歯のこと

2015. 08. 12

超音波スケーラー

皆様も、歯科医院にいって歯石の掃除をしてもらったことがありますか?

そんな時、機械を使わない場合もありますが、

「キーン」っていう、機械を使って歯石をとりませんでしたか?

実は、その機械には大きくわけて、

①エアースケーラー

②超音波スケーラー  の②種類があります。

エアースケーラーは圧縮空気を送り出して、先端のチップを振動させる。

いわゆる、タービンと同じ原理ですね。

それに対して、超音波スケーラーは、毎秒3万回転の超音波振動を与え、

そのキャビテーション効果により歯石を破壊する。

それぞれの長所、短所はありますが、

エアースケーラーは、チップが回転する力を付与してしまうため、歯面を傷つけてしまう場合が多いと言われています。微妙な力のコントロールも難しいですね。

超音波スケーラーは、先端に細いチップをつけることができるため、歯肉の深い場所の掃除も可能です。

力のコントロールができるのも利点かもしれないですね。

当院では、もちろん両方ありますので、状況に応じて使い分けています。




◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇
神戸駅、高速神戸駅、ハーバーランド駅より徒歩5分
帰ってきたなって、心に灯りがともるような、そんなあったかい神戸の歯科医院
◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇

Menu